コロプラが任天堂に特許提訴された内容と理由は?倒産の可能性は?

この記事は3分で読めます

こんにちは!なるへそです。

スマホゲームの白猫プロジェクトを開発・運営するコロプラが、ゲーム業界の巨人である任天堂に特許侵害で提訴されるという事態に発展しました!

損害賠償だけでなく、販売の差し止めも請求されているという事で、そんなことになったら白猫をプレイしているユーザーにとっては、かなり深刻な問題です。

一体どのような内容と原因で提訴されたのでしょうか。そして、コロプラが倒産してしまう可能性はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

コロプラが任天堂に特許提訴された内容と理由は?

どのような状況なのかを簡単に解説します。

任天堂が、「白猫プロジェクト」が特許を侵害しているとして、コロプラを訴えたということです。

損害賠償44億円だけでなく、白猫プロジェクトの配信差し止めまで求めています!

損害賠償だけなら、コロプラに頑張って支払って貰えればよいだけですが、配信差し止めとなると私達ゲームユーザーにとって大打撃です!!

なんせダウンロードの累計が1億件超えですよ!

配信差し止めにでもなったら、

ゴマさん
これまでの時間とお金をどおしてくれんだ!!!

という方が、数千万人はいるんじゃ・・・!?

ゴマさん
お~恐っ!

しかし、特許の話は何が問題なのかよく分からないのですよね。

という事で、専門家でないですが少々特許をかじった、私なるへそが說明していきます。

ちょっと間違っていてもご勘弁を。

弁理士の栗原潔さんの記事よると、特許侵害訴訟とされる特許は5件。

タッチパネル上のジョイスティック操作に関する特許という情報から、白猫で言うところの「ぷにコン」がそれに当たるのではないかと言われています。

また、記事の中でこの特許が怪しいのではないかというものを読んでみると、ぷにコンの「移動」の時の計算方法となります。

移動の時って、まず画面のどこかに指を置いて、その後スライドしますよね。

キャラクターの移動量はスライド量に比例しますが、認識されるスライド量には上限が有り、上限以上のスライドをしても、キャラの移動量は増えません。

だって、スライドを画面のはじからはじまでズーーーーっとやった時に、キャラがメチャクチャ移動しちゃったら操作しにくいですもんね。

記事内で言われている特許は、「ユーザーのスライド量がある一定以上になったら無視します」という内容で、至って当たり前と思えるものです。

でも、当たり前と思えることでも、それを以前に製品化や特許化している人がいなければ、権利が認められるのが特許の世界です。

いわゆるコロンブスの卵ですね。

そのコロンブスをコロプラが実施してるんじゃないの!?と任天堂は言っている訳です。

朝日新聞の報道によると、1年以上前から話し合いを行ったが、解決は困難と任天堂が判断したという事です。

一方のコロプラ側は、「特許の侵害はない」というスタンスとなっています。

この見解の違いは何で生じるのかというのを推測します。

特許の権利範囲は、言葉によって定義されます。

しかし、その言葉は「複数の解釈が出来る場合」があって、その解釈の相違が侵害の有無の相違に繋がります。

例えば、「多角形」という言葉には「円」は含まれません。

「3角形」「10角形」は明らかに「多角形」ですが、「50角形」「100角形」となるとほとんど円です。

その場合に「15角形」が「多角形であるか」「実質的に円であるか」の解釈が分かれている、というようなものではないかと推測します。

ゴマさん
どっちだっていいんじゃないの~?

と思われるかもしれませんが、そこが大事なのです!

コロプラ倒産の可能性は?

特許訴訟によって、コロプラが倒産してしまう可能性はあるのでしょうか。

コロプラは2018/1/12に、白猫のサービスは何があっても継続する事を明言しましたね。

ファンは一安心ですが、コロプラが倒産してしまったらその約束もどうなるか分かりません。

とするとやっぱり倒産の可能性があるのかが気になってきます。

コロプラのお知らせの中には以下の言葉も。

訴訟がたとえどのような結果になっても仕様変更等を通じて、サービスを継続してまいります。

これはどういう事かというと、最悪のケースでも、先程のコロンブスの卵ではない計算方法に変更するか、スライドした時のキャラクターの挙動を変更するという展開が予想できます。

もちろんコロプラがお金を払って和解というのも、十分ありえます。

コロプラは営業利益が約300億円ですので、44億円をある程度減らすことが出来れば、支払えない金額ではありません。

また、500億円程度の現金も持っています。

ですので、倒産という事態にはならないと予想します。

参考:コロプラHP(業績・財務)

今後の可能性として、コロプラの特許を任天堂が侵害しているものが見つかると、展開も変わってきますので、今後の状況も気にしていこうと思います(*^^*)

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。