フレスコボールとは何?大会動画とルールをチェック!

この記事は3分で読めます

こんばんは。なるへそです。

 

突然ですが、

フレスコボウラーって何ですか!?

 

SASUKE2018に出場したフレスコボウラー

五十嵐恭雄さんを見てそう思いました。

 

という事で、

フレスコボールという競技がどのようなものか、

番組の中で紹介があるかもしれませんが、

一足先に調べてみました!

 

そして、

動画を見てもルールがサッパリ!??

でしたので、

そちらもチェックしました。

スポンサーリンク

フレスコボールとは何?

フレスコボーラーという肩書の五十嵐恭雄さん。

この方、しれっとこんな肩書で出場していますが、

過去に「あいのり」に出ていた方のようですね。

 

フォトグラファー、DJ、フレスコボール日本一までは、

分かるとして、

日本ホームパーティー協会アンバサダーという

謎の肩書も持っています!

 

五十嵐さんについても気になるものの、

今回の記事ではフレスコボールにフォーカスしますよ。

 

さて、フレスコボールとは何ぞやという事ですが、

簡単に解説しますと・・・

ブラジル発祥でビーチで行うラケットスポーツ。

羽子板で激しくボールを打ち合うイメージ。

2人で向かい合って打ち合うが、相手は敵ではなく味方。

一定時間内にどれだけラリー回数を出来るかを競う。

 

テニスをやる方は、ボレーボレーをイメージして頂けると分かりやすいですね。

 

単にビーチでボールをラリーする遊びを

競技にしちゃった感じです。

 

ただし歴史は古く、第2次世界大戦後の1945年ごろに始まったとされています。

世界選手権が始まったのは2015年と最近です。

 

フレスコボールはポルトガル語で、「夕涼み球」の意味。

夕方にビーチでラリーをして楽しんだということなのでしょうかね。

 

また、フレスコボールは、ラケットがカラフルで可愛い感じなんですよ!

 

 

何か楽しそう!!

私もやってみたいです!!

スポンサーリンク

大会動画とルールをチェック!

実際の大会の動画などを見れば、

フレスコボールがどんな競技か

もっと分かるはずです。

 

こちらは、

五十嵐さんがジャパンオープンで優勝した時の動画です!

とにかくラリーを続ければ良いのですか・・・?

でもそれですと、ルールも何もない気が・・・

 

いやいや、実はですね、

審判が点数をつける採点競技なのです!

 

細かいルールは以下の通りとなっています。

・試合時間は5分間

・選手間は最低7メートル離れる。

・任意で1分間の休憩を取っても良い。

以下の5項目を審判が評価する。

エネルギー:ラリーの打球の強さ

アタック:パートナーの打球より強く打ち返した回数

ラリー:ラリーが続いた回数

バランス:アタックが少なかった選手と多かった選手のバランスを評価

テクニック:ボールの落下回数やアクロバティックなプレーを評価

 

「バランスを評価する」というのは、

全くもって意味が分かりません(´・ω・`)

 

不明な点はあるものの、

何より和気あいあい感があって楽しそうです。

 

運動不足解消などで行うのも

良いかもしれませんね!

 

興味のある方は、

日本フレスコボール協会のホームページから

情報を集めると良いでしょう。

 

日本フレスコボール協会のホームページはこちら

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。