夜会でディーンフジオカが鴨の血を食べた店のやばいメニューとは?

この記事は3分で読めます

こんにちは!なるへそです。

今日の夕食は、厚揚げと卵焼きでした。卵焼きはオーブンで厚めに焼いてあったので、まるで厚揚げのよう!

子供は厚揚げと卵焼きをそれぞれ2度見していました^^;

厚めの卵焼きは中身が詰まっている感じで、結構満足感がありました。フワッとしたやつも美味しいですが、シッカリ目のものも良いなと思いました。

さて、櫻井・有吉THE夜会にディーン・フジオカさんが「納得の鴨の血を都内で探す」というコーナーで出演されます。

訪れるお店が新宿歌舞伎町にある評判の中華料理屋さんなのですが、このお店、、、

メニューがやばいです!!!

番組ではあまりやばい料理は紹介されないかも知れないので、きっちりフォローいたしますよ!!

スポンサーリンク

夜会でディーンフジオカが鴨の血を食べた店はどこ?

こちら、新宿歌舞伎町の上海小吃(シャンハイシャオツー)という中華料理屋さんです!

海鮮料理を中心とした上海料理や麻辣の調味料を使った四川、湖南料理を提供している。

庶民的でエネルギッシュなお店で知名度が高い。

お店のTwitterでもきっちり宣伝していますよん。

このお店は、沸騰ワード10という番組でカズレーザーさんも紹介しており、どんだけ食べても飲んでも4000円という事でも話題になりました。

歌舞伎町にどんだけ食べても飲んでも4000円という中華料理店があるということでカズレーザーが調査した。そのお店の名前は「上海小吃」。

食べ放題のコースはないのにどのお客さんも会計が1人4000円だったという。上海小吃のメニューは600種類もある。

1番人気の「蛤の甘辛炒め」を注文し試食した。頼んでないのに「揚げパン」や「酢豚」などが運ばれてきた。他のお客さんに聞くと「メニューを選んだけど ダメって言われた」や「ガンっていきなり置かれたらフカヒレだった」などの声が上がった。

本当に4000円なのか会計してみると7700円だった。話をきくと店長が1人4000円程度におさめてくれるという。

引用元リンク

庶民的というか、エネルギッシュというか、

ゴマさん
滅茶苦茶と言うか・・・

何にせよ、個性的な店であることは間違いないようです!

スポンサーリンク

上海小吃のやばいメニューとは?

店の名前で検索してみると、気になるワードが・・・

上海小吃 ゲテモノ 写真閲覧注意・・・

ゴマさん
これヤバイんじゃね???

そうなんです。なんたって、

上海の人たちが、「いつも食べている物を、そのままの調理法で」をモットーに新宿歌舞伎町から本物の中華をご提供いたします。

というキャッチフレーズ。

上海をなめちゃいけませんよ!

ゴマさん
とりあえず、メニューカモン!

食べログに載っているメニューを見ると・・・

豆苗【とうみょうの炒め】

楷王金針花肉絲【金針花と黄ニラと豚肉の炒め】

糖酷小排【スペアリブの甘酢煮】

葱油蛤蜊【蛤の甘辛炒め】

干煎帯魚【太刀魚の揚げ物】

・・・

ゴマさん
全然やばくな~い!

しかし、これはあくまでも表の顔!!

裏の顔を見てみると・・・

おお~!これよ、これっ!!!

しかしですね、外国の食文化をゲテモノ扱いするのはあまり良くない事ですよね。日本人がクジラ肉を食べるのを、海外の方が残酷だというのと同じです。

味は美味しいといいますし、イメージだけで毛嫌いするのはどうかと。

と、大人のコメントをした訳ですが、上海人もビックリとのこんな記事もあり・・・

文春オンライン:上海人もビックリの「ゲテモノ喰い」の店が歌舞伎町に!

やっぱり、危険すぎる~(ToT)

今回のなるへそポイント

●新宿歌舞伎町の上海小吃が色んな意味で話題!!

●味は美味しいとの大評判です!

●裏の顔は危険すぎます!

気持ちとしては、伝統ある中華料理に敬意を表すべきだと思います。

でも~~~、生理的に無理なのは仕方ないですよね。

私としてはチャレンジするには相当の勇気が必要ですが、興味のある方は是非に!!

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • ゆき
    • 2017年 11月30日

    酷すぎる。
    血を食べるなんて異常

      • goma
      • 2017年 11月30日

      ダメな人には受け入れ難い部分があるかもしれませんね。

    • ゆき
    • 2017年 11月30日

    駄目な人とは、どう言う意味ですかね

      • goma
      • 2017年 12月1日

      鴨の血などの料理が苦手な人という意味ですね。私もそっち系はもっぱらダメな人です(ToT)

  1. この記事へのトラックバックはありません。