逃走中(2018/1/6)でキスマイ宮田と三四郎小宮が炎上した理由とは?

この記事は2分で読めます

こんばんは!なるへそです。

2018年1月6日に放送された逃走中で、キスマイの宮田俊哉さんと三四郎の小宮さんが炎上してしまいました。

なぜ、そのような事になってしまったのか、一体何が起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

逃走中(2018/1/6)で三四郎小宮が炎上した理由とは?

開始直後に確保されてしまった三四郎の小宮浩信さん。

確保場所にいて逃走者を応援しているはずなのに、なぜ炎上となってしまったのでしょか。

その理由は、視聴者が皆「それはないよね~」と感じた一言を連発してしまった事にあります。

ゲームで復活したのは、ジャニーズWESTの神山智洋さんとユーチューバーのヒカキンさん。

その二人が復活間もなく捕まってしまった時の発言が、良くなかった。

神山さんが確保された時は、

「せっかく復活したのに何やってんだよ」

「復活した意味無い」

ヒカキンさんの時には、

「何やってんだ。復活しなきゃ良かったのに」

と厳しめの発言をしてしまいました。

確保場ではいつも芸人さんがプチMCの役を受け持ちますね。それが今回は小宮さんだった訳です。

いつもはフジモンさんとか、澤部さんとか、いかにも良い人がこの役をやるのですが、小宮さんは少々毒舌スタンスでやっちゃったのですね。

これにはファンが激怒り状態です。

リアルタイム検索で「小宮」が上位にランクイン!!

ちょっとスタンスを間違えてしまったようですね。

スポンサーリンク

キスマイ宮田が炎上した理由とは?

キスマイの宮田俊哉さんはリアルタイム検索で堂々の1位!!

こちらは、2手に分かれた激しい応酬となっています。

宮田さんは終始、自分が助かる事だけを優先した行動を取りました。

開始間もなくジャニーズWESTの神山智洋さんが確保された時には、

「なんで俺を守らず捕まってんの?」

という発言。

「俺が犠牲になれば良かった」

と言った、Sexy Zoneの松島聡さんとは真逆の対応でした。

その後も、ミッションにも参加せずにいる様子に、「宮田はクズ」派が形成されました。

宮田ファンはその容赦ない叩かれ方に戸惑いつつも、「宮田くんはいつもそんな感じ」「本当は悪い子じゃない」という「宮田応援」派で応戦。

しかし、だんだん「悪口やめて~」という悲痛な叫びとなってきました。

結局、最後の2人まで残ったものの、宮田さんは確保されてしまったので、それ以上の材料は出ませんでしたが、宮田さんが最終的に賞金を獲得していたら、もっと大変な騒ぎになっていたことでしょう。

冷静なこんなコメントも。

もしやこれは、キスマイの中でも目立たない組に入っている宮田さんのしたたかな作戦なのでは!?という感じもしました。

ロケ地についてと私が気になった逃走者たちの結果は、以下の記事も参照して下さい!

関連記事:逃走中(2018/1/6)のロケ地はどこ?ヒカキンや神山智洋の結果は?

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。