トランプタワーで火災!火事の原因や理由は?動画も

こんばんは!なるへそです。

トランプ大統領の自宅があるトランプタワーで2018/1/8朝に火災が発生したとのこと。

トランプ大統領は滞在していなかったとの事ですが、火事の原因や理由はどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク


トランプタワーで火災発生!

こちらが1月8日21時59分のNHKでの報道です。

アメリカの複数のメディアが伝えたところによりますと、トランプ大統領の自宅が入るアメリカ・ニューヨークの中心部にあるトランプタワーで8日朝、火災が発生したということです。

現地からの映像では、トランプタワーの屋上近くから煙が出ている様子や消防隊員が屋上で活動している様子が確認できます。

ABCテレビが消防の情報として伝えたところによりますと、火は屋上部分にある空調設備から出たということで、これまでのところけが人などの情報は入っていないということです。

NBCテレビによりますと、トランプ大統領はトランプタワーには滞在していないということです。

トランプ大統領はワシントンにいて、不在だったという事ですね。

しかし、その後のTBSの報道によると、消防当局の情報として、けが人が2人出ていて、うち1人が重傷という情報に変わっています。

動画はこちらですね。結構炎が燃え上がっています。

当然ですけど、消防車の数も半端ないです。

スポンサーリンク

火事の原因や理由は?

NBCが報道した警察当局の話としては、火災の原因は漏電によるもとのだという事のようですね。

しかし、やはりというべきか、テロではないかと疑う人は当然いますよね。


タイミングとしても、勘ぐってしまうネタが・・・


ブリティッシュジョークも炸裂している模様。

日本のネットでは「リアル炎上だ」と話題になりましたが、今の所はテロではないようなので、一安心です。

(以下追記)
欧米の株価には影響を与えていないようです。
緊迫している時なのでこの程度であれば大丈夫だという市場の反応ということなのですね。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و