顔真卿展(上野)の混雑状況と待ち時間は?グッズとイベント情報も

こんにちは、なるみです。

来年1月16日から東京に
あります東京国立博物館にて
顔真卿 王義之を超えた名筆
開催されます。

中国の政治家、書家として
有名な人ですが、中国史
の中でも屈指の忠臣として
も知られています。

今回の展覧会では数々の
中国書家、日本書家の
作品を多数集めての展示
となっているようです。

かなり見応えがありそうで
楽しみですね!

日本初公開の顔真卿の書も
見ることができるみたい
ですよ!

そうなると混雑状況待ち時間
グッズイベント情報も気に
なります。

調べてみましょう。

スポンサーリンク

顔真卿展(上野)の混雑状況と待ち時間は?

会期:2019年1月16日(水)~2月24日(日)
開館時間:9:30〜17:00(金土〜21:00)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月(2月11日は開館)、2月12日
会場:東京国立博物館 平成館
住所:東京都台東区上野公園13-9
問い合わせ:03-5777-8600
顔真卿展公式ホームページ

 

今回の展覧会の見所を
チェック!

1)楷書の美しさ
公式の書体は篆書から隷書、
そして、隷書から楷書へと
変遷していく様子が見られる
展示となっているようです。

2)祭姪文稿が初来日
顔真卿が従兄と末子が安史の
乱により亡くなった亡骸を前に
最初は冷静にそしてだんだんと
激しい筆致となる劇的な文書です。

3)王義之神話の崩壊
書聖王義之の真跡は現存して
いません。

そこで19世紀は古代文字からの
文字習得が盛んになり、野趣
あふれる書風が主流になり、その
時代の作品を展示されているようです。

何より世界に10点も満たないほど
しか存在しない顔真卿の肉筆の
うちの数点を近くで見ることが
できるだけでもすごいこと!

やはり混雑状況待ち時間
気になります。

実際にはまだ始まっていない
展覧会。

そこで4年前にあった書画などを
たくさん展示された故宮博物院展
から混雑状況や待ち時間を予測

てみたいと思います。

やはり目玉の作品がある展覧会は
大人気のようで、大混雑だった
ようですね。

目玉の展示物の展示期間が
終わってもかなり混雑

続いたみたいですね。

目玉展示品は190分待ち
だったということです。

展示品を2,3周見ながら、少し
空いて来る時間
を見付けられ
れば、自分のペースで見られる
みたいですよ。

有名書家の作品が多数展示
されていることから、かなり
の混雑が予想されます。

ただゆっくり周る時間の余裕
があれば、経験的には少し
作品をじっくり見ることができる
タイミングが見付かります。

書は時間をかけて筆遣いを
鑑賞するほうが違いが分かったり
書いた当時の心情が垣間見えたり
するのでおススメです。

スポンサーリンク

顔真卿展(上野)のグッズとイベント情報も

今回の展覧会における
グッズの情報はまだ
発表されていませんでした。

後日またお知らせいたします。

またイベントについては
すでに発表されています。

開催記念企画展示
古典を受け継ぐ現代の書
世代をつなぐ筆墨の美

会期:1月16日(水)~2月24日(日)
展示替え予定。
会場:平成館1階企画展示室

毎日書道展役員作家さんの
書の展示のようです。

これから発表されるグッズやイベント
の内容が気になりますね。

なかなか書を中心にした展覧会は
開かれることが少ないので、ぜひ
この機会にご覧になってみませんか。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و