PayPay(ペイペイ)の不正利用を確認する方法は?被害に遭わない対策は?

こんにちは。なるへそです。

100億円あげちゃうキャンペーンの
突然の終了で話題となった
PayPay(ペイペイ)ですが、
今度は不正利用の話題で
盛り上がっています。

なんと身に覚えのない高額請求が来ている
ケースがあるそうです。

しかもPayPayを利用していなくても
被害に遭う可能性があるという
噂もありますよ。

これは大変!ということで
PayPayの不正利用を確認する方法と
被害に遭わない対策、
被害に遭った時の対応、
について調査してみました。

スポンサーリンク


PayPay(ペイペイ)の不正利用を確認する方法は?

これは大変な騒ぎになってきました。

今回のPayPay騒動について調べてみると
以下のような事が原因となっているようです。

・クレジットカード番号のみで登録可能。
・名前の入力は不要。
・間違った番号を繰り返してもロックされない。

要は適当な番号を入力し続けるという
いわゆる総当たり攻撃が可能だったという事ですね。

このようなシステムは
数回間違えるとロックされるのが常識ですが、
今回はそれが無かったらしいのです。

 

また、何と言ってもPayPayに登録していなくても
クレカを持っているすべての人が
不正利用の対象になってしまうという
恐ろしい状態です。

私もあなたもPayPayを使っていないからといって
対岸の火事ではないのです。

 

また、不正利用されたカードはANA VISAが
多数を占めるという情報もあります。

夏頃に情報流出があったと書かれていますね。

 

これはヤバイ!と思い、
不正利用を確認する方法を調べたのですが・・・

今のところ防衛策は
「身に覚えのないクレカ使用履歴がないか
各自チェックし続ける」しかない
という事です!

 

自分は関係ないと思っていると
いつの間にか不正利用されていた
なんてことになりかねません。

不正利用されてしまった場合は、
カード停止、番号変更となるようです。

急いでカードの利用状況を確認しておきましょう!
私もします!

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)の不正利用の被害に遭わない対策は?

被害に遭わないのが最も良いですよね。
どのような対策をしたら良いのでしょうか。

これも調べてみましたが・・・

良い防衛手段は無し!!

 

見つけた対策は

・クレジットカードをやたらに登録しない
・カード番号などの情報をなるべく見せない

これだけです!

冗談のように思いますが、
マジのようです。

 

入力を何度も出来る件は、12/17以降
回数制限がされるようですね。

カード情報はPayPayから漏れていないと
いうことですが、
それをやったらダブルの大失態と
なってしまいますよね。

PayPay(ペイペイ)の不正利用の被害に遭った場合は?

以下の対応を行う必要があるようです。

クレジットカードに記載されている緊急連絡先に電話をする。

何は無くとも取り敢えず連絡です。

 

基本的に不正利用された金額は補償されるそうです。

不正利用から60日を過ぎると補償の対象外に
なることもあるそうなので、まずは確認です。

 

その後はカードを再発行という流れになるのですね。

マイルなどは引き継がれるということです。

参考元リンク

 

PayPayでの対策が取られるまで、
安心できませんね。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و