テニス

テニスのモーニングポイントとは何?コードバイオレーションとの違いは?

投稿日:

こんにちは。なるへそです。

子供がテニスの試合を見ていて、
モーニングポイントで失点!
という場面を見かけたそうです。

モーニングって朝のこと?と
聞かれましたが、
そんなルールあったっけなと。

 

テニスのルールは難しいですが、
モーニングポイントとは
何なのでしょうか。

コード・バイオレーション
似ている雰囲気もありますので、
合わせて調べてみました。

[広告]
【with、oggiモデルもやってる新・脱毛法】脱毛サロンもお手上げ!芸能人がこっそりやってる『家でたった5分』の永久脱毛法がスゴイとSNSで大評判!!

テニスのモーニングポイントとは何?

テニスの放送を見ていて、
モーニングポイントという
言葉を聞いたことはありますでしょうか。

テニスはそもそも点数の数え方が
15とか40とかよく分からないし、
タイブレークというのも難解です。

 

それに加えて、モーニングポイントです。

モーニングというと朝・・・?

試合は夜でもモーニングポイント・・・?

意味が分かりません。

 

こちらを調べてみると
単なる聞き間違いの可能性が高い
事が分かりました。

正しくはウォーニングポイントだと思われます。
もしくはワーニングですね。

ウォーニングとは警告のこと。

審判から警告を受けてポイントを失った場面だと
思われます。

ウォーニングをモーニングと聞き間違って
しまったのですね。

コードバイオレーションとの違いは?

テニスの警告に関するルールを
簡単に解説すると以下のようになっています。

審判に暴言を吐いたり、遅延行為をしたりといった
スポーツマンシップに反する事をすると
ルール違反でペナルティーを受けます。

ペナルティーを受ける行為としては
・ラケットを破壊する
・ボールを客席に打ち込む
などもあるそうです。

そのようなルール違反の事を
コード・バイオレーションと呼びます。

コードは規定のこと。

服装の決まりのことを
ドレスコードとかいいますね。

バイオレーションとは違反の意味です。

 

そしてテニスのコードバイオレーションは
注意を受ける毎に以下の罰則を受けます。

 

1回目が警告。すなわちウォーニングです。
これだけではポイントは失いません。

 

2回目以降は以下のようになります。

 

2回目は1ポイントを失う。

3回目は1ゲームを失う。

4回目は試合を失格になる。

 

とすると、
2度目に注意を受けて
ポイントを失うこと
ウォーニングポイントに相当しそうですね。

 

正確に言うなら、
2度めのコードバイオレーション
という表現となると思われます。

 

これで一つ謎が解けましたね~

子供も納得となりそうです。

[広告]
デブの原因デブ菌を撃退!
シンバイオティクスが凄い!
※テレビで紹介されてから『爆発的人気商品』

-テニス
-

Copyright© なるへそのゴマ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。