コインチェック会見でのマルチシグやホットウォレットとは何?

こんばんは。なるへそです!

仮想通貨の取引所であるコインチェックが仮想通貨流出問題で大きな話題となっています。

顧客の仮想通貨約580億円分が流出したという事で、被害額は過去最大!

会見の中で、マルチシグですとか、ホットウォレットという言葉が飛び交っていますが、意味わかりませんね。

どのような事なのか、調べてみました。

スポンサーリンク


コインチェック会見でのマルチシグとは何?

コインチェックは会見で、マルチシグを行っていなかったと回答していました。

大体仮想通貨自体がよく分からないのに、マルチシグとか言われても全然何なのか分かりません!

一体何がどうなったという事なのでしょうか。

マルチシグとは、簡単に言うと仮想通貨の資産を移動させるのに、複数の鍵を必要とする仕組みのことです。

自分の資産を動かすのに、取引所に預けている鍵と自分が持っている鍵の2つが必要になるということのようです。

このような仕組みですと、取引所の鍵だけが盗まれても大丈夫だという事になりますね。

今回のコインチェックはこの仕組に対応していないとの事です。

シロウト的には何でやってないの?と疑問に思いますけどね。

どんな大変さがあるのかを調べると、

・設定が少し面倒くさい

・手数料が少し上がる

という事のようです。

コインチェックは手数料を上げたくなかったのでしょうかね。

スポンサーリンク

ホットウォレットとは何?

ホットウォレットとは何でしょうか。

ウォレットはお財布のこと。

ホットウォレットは常にネットに接続された環境にあるウォレットの事です。

便利な半面、不正アクセスの攻撃を受けやすいという事になりますよね。

コインチェックは先程のマルチシグをせずに、ホットウォレットで全部保管していたという事ですけど、事後的に見るとやられ放題当たり前という印象を持ってしまいます。

コールドウォレットというのもありますが、こちらはネットから隔離された所に鍵を保管しておくことを指します。

当然不便になりますが、皆さんのご意見を見ると、やっていないなんて驚き!という感じですよね。

現在は、ビットコイン以外の仮想通貨は取引停止の状態という事で、コインチェックを利用していた仮想通貨トレーダーは真っ青になっているのでしょう。

今後の展開はどのようになっていくのでしょうか。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و