未分類

QRコード決済はどれがおとくか。ペイペイやLINEぺイや楽天ペイなどを比較してみた

投稿日:

みなさんはQRコード決済をしたことはありますか?私は先日令和300億祭りでいただいた1000円をローソンで使ってみましたよ!

スムーズで簡単なのでスマホユーザーの方や若い世代の人なら結構使っているかもしれませんね。 そんなQRコード決済、いったいどういうもので、どんなお得があって、どれがいいのか?を今回は考えて調べてみました!

[広告]
【with、oggiモデルもやってる新・脱毛法】脱毛サロンもお手上げ!芸能人がこっそりやってる『家でたった5分』の永久脱毛法がスゴイとSNSで大評判!!

QRコードとは?QRコードのメリット

QRコードとは二次元コードのことで、通常のバーコードと比べると 数十倍の情報量をもつこどができ、それでいて例えば同じ情報量を含ませた場合 情報量のサイズは10分の1程度になるコンパクトさがあります。

また汚れや破損に強いため、QRコードを導入することで情報の読み込み損じも少なくなるといえます。

QRコードには「使う人が提示するQRコード」と「お店側が提示したQRコード」の2種類があり それぞれのQRコード決済によって使用方法(自分が提示するのかお店側のを自分が読み込むのか)が異なってくることは覚えておきましょう。

何故このQRコードが今はやっているのか?というのはやはりスマホでしょう。

スマホ1つあれば買い物ができる、財布がなくても大丈夫。 そんな便利さがQRコード決済を使う大きな理由になっています。

他にも同じ「キャッシュレス」のクレジットカードはスキミングなどの盗用の不安があることからも QRコード決済はより「安全」という認識がされています。

そうはいっても「QRコードだって安全かどうかわからないじゃないか」 と思ってしまうこともありますね。

しかしQRコードは暗号化されて決済となるため、安全性が高い管理下にあります。

ただ日本人はまだまだ現金主義だったり、財布に免許証や保険証をいれているから財布は持ち歩く と言う人もかなりいることは確かですね。

とはいえ、QRコード決済をすることで、通常よりお得になる・ポイントが貯まるといえば ちょっとでもお得したいな、と言う人や、スマホ1つででかけたい人にとっては とても便利でメリットの大きな決済方法だということが分かると思います。

では今現在主流となっているQRコード決済にはどういうものがあり、どんなお得があるのかをみていきましょう。

PayPay

最近よくCMでみるペイペイ、〇億円還元!なんかでかなり話題にもなりました。

こちらは実はソフトバンクとヤフーの合同会社となっています。

ペイペイではヤフー!マネー、クレジットカード、銀行口座からのチャージでの支払いとなります。

現在は決済手数料などが期間限定で無料になるキャンペーンなどもしています

ペイペイを利用するとペイペイボーナスが0.5%入ります。

もしQRコード決済をすると決めた場合には、一つに決めてポイントやボーナスを貯めるのがオススメです。 決済の上限額は加盟店により異なるため、一概にいくらとは言えません。

店舗側のメリットとしてはペイペイでも中国のQRコード決済アリペイにも対応しているので 海外からのお客様の対応がスムーズにできるという点です。

[広告!]
10年悩んだニキビが14日で消滅!皮膚科「レーザー治療無くなるね
毎日5秒〇〇するだけでツルツル肌が手に入る最先端スキンケアとは?

LINEペイ

今や多くの人が使っているであろうLINEですが 、連絡ツールだけでなく、QRコード決済もしています。

LINEアカウントに銀行口座を紐付ており、そこからチャージをしたり もしくはコンビニやATMからもチャージすることができます。

令和300億祭りで私も1000円もらいました!そして使いました(早い)

強みとしては「多くのユーザーがLINEを使っておりハードルは低い」ことでしょう。 クレジットカード登録でなくても可能なので、若い世代の人も使うことができます。

一回あたりのコード決済額はLINE Moneyの本人確認済みであれば 1回100万円までとなっており、 本人確認が済んでいないLINE Cashでは1回10万円まで、1か月10万円までとなっています。

またQR決済でのポイント還元としては 現在はマイカラーに応じて3.5%~5%となっています ※2019年8月以降は0.5%~2%です 店舗側にも優遇施策があり、2018年8月から3年間の決済手数料が0%なので キャッシュレスに向かっていく時代としてはそのとりかかりとしても良いと言えます。

楽天ペイ

楽天ペイは名前の通り、楽天が提供するQRコード決済となります。

クレジットカードを登録し、クレジットカード払いという形になります。

楽天といえば、楽天市場などネットショッピングでもかなり使われているかと思います。 大きな利点としては、楽天ペイでの決済と、紐付られたクレジットカードにたまるポイントが 2重でためられるという点にあります。

※楽天カードの登録をしていると100円で1ポイント それ以外であれば200円につき1ポイントが貯まります。

楽天カードは持ちやすく人気も高いところから、クレジットカードを持っている人も多いと思います。 また楽天でのお買い物をしている人や楽天カードをメインに使っている人にとっては この楽天ペイはかなり使いやすいのではないでしょうか。

ポイントも支払時に使うことができますので、ポイントがたまりやすく使える楽天ペイは 楽天カードをもっている人には是非ともおすすめしたい決済方法です。

1回あたりのコード決済額としては1会計2万円までとなっています ただしランクによって変わり、レギュラーランクは4千円までとなります。

また店舗側としてのメリットは、専用カードリーダがあることで クレジットカード・電子マネーに対応できるほか、楽天銀行の口座をもっていると 売上が翌日入金となりますので、現金に近い感覚での取扱いができることもポイントとなっています。

今後Suicaとも連携するということで、さらに広がりそうですね。

Origami Pay

Origami Payはもしかしたら聞いたことがない人もいるかもしれませんね。

株式会社Origamiが提供するQRコード決済となります。

こちらはクレジットカードまたは銀行口座のを紐付ての支払となります。

ポイントが貯まるなどはありませんが、対象店舗で使用することで2%オフになったり 期間限定のクーポンの配布などもあり、価格そのものを抑える買い物の仕方となります。

1回の決済の上限額は税込100万円未満となっています。

店舗側のメリットとしては、Origami Payを導入する際に、オプションで 中国のQRコード決済、アリペイの対応が可能となるため、今後増えるであろう海外の方のQRコード決済に対応できるという点です。 来年はオリンピックということもあり、特に都心部などでは Origami Payを導入することでよりスムーズなやり取りができるといえるでしょう。

どのQRコード決済がいい?

特にメジャーとなっているQRコードを例にあげていますが 向き不向きがそれぞれあるのが分かりますね。

・クレジットカードを持っていない人

LINE Pay

Origami Pay

Pay Pay

10代だったりクレジットカードはあまり好きじゃない派の人はこちらのQRコード決済がおすすめとなります。 銀行口座との紐付ての支払なので、ハードルは高くなく安心して使うことができます。

・楽天カードを持っている人

楽天ペイ

やはりポイントが2重にためられるというのが一番のメリットとなります。 もし楽天カードをもっているのであれば楽天ペイがおすすめです。

・ヤフーカードを持っている人

ペイペイ

ヤフーカードをメインで使っている場合にはペイペイがお得になります。 利用特典の0.5%が3%にアップしたり、ワクワクペイペイで ヤフーカード決済をすると10%戻ってくるなどメリットが多々あります。

・クーポンを使いたい人

Origami Pay

クーポンがある特徴はOrigami Payのみですので、クーポンの利用を考えている人は Origami Payが一番いいかなと思います。

[広告]
デブの原因デブ菌を撃退!
シンバイオティクスが凄い!
※テレビで紹介されてから『爆発的人気商品』

-未分類

Copyright© なるへそのゴマ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。