アニメ マンガ

日本の漫画家は凄い!名作を残した漫画家たちとこれから注目の若手漫画家を紹介!

投稿日:

 

私たちの人生の中で漫画に触れる機会というのは非常に多いですよね!
我が家は月曜はジャンプ、水曜はマガジン、毎月5・20日は花とゆめを購入するのが
最早習慣化しておりまして、また好きな漫画に関しては単行本もしっかり買っちゃうため
家が漫画だらけです!!!

というわけで、最近話題になったのが槙ようこさんの漫画家引退。

20年も続けられたそうなのですが、長いのか短いのか。

20年と考えると、例えば22とかで社会人になったとして
転職などもしても退職までの間、バイトやパートの時や、ブランクなどはあったとしても
バイトやパートも含めると40年くらい、もしくはそれ以上働いてるんですよね・・・
女性の場合には出産育児などでそれこそ休まざるを得ない時期があったり
中には専業主婦として家の事を守っている場合には
いわゆる「お給料」の発生する仕事というカウントではなくなるので
仕事をする年数には個人差が生じますが。

そんな日本人にとってなくてはならない存在である漫画家さんについて
今回はリサーチしてみましたよ!

[広告]
【with、oggiモデルもやってる新・脱毛法】脱毛サロンもお手上げ!芸能人がこっそりやってる『家でたった5分』の永久脱毛法がスゴイとSNSで大評判!!

有名漫画家の描きつづけた年数

代表的な国民的な漫画家といえば、手塚治虫さんとか藤子不二雄Aさん,藤子・F・不二雄さんなどですよね~

マンガの神様手塚治虫

手塚治虫さんは1946年の1月1日に漫画家デビューをしており
そこから数々の名作を生み出した方です。今も色あせないその内容には感服するし
今後こんなすごい人は二度と出ないと思えるくらいですよ。
そして1989年の死去まで作品を発表し続けています。※活動期間が1988年ともありますが
今回は1989年で計算しました

計算するとなんと43年もの間漫画を描きつづけているんですね!
しかし没年齢が60歳。早いです。

人生の3分の2を漫画家として費やしたと思うと、この人の天命であり、それを全うしたのだと思えますね。
自分の天命を知るって実は難しい事だと思っていますが
それを知る幸せと、それを背負う厳しさは、やはり「その人」であるからできたことなんでしょうね

ドラえもんの生みの親 藤子・F・不二雄

ドラえもんキテレツ大百科など、絶対見たことあるし知ってるあのアニメや漫画の作者が
この藤子・F・不二雄さんです。

漫画家活動は1951年から1996年と45年間。
没年齢は62歳で、やはり人生の3分の2を漫画家に費やしていますね。

最期も、自宅の仕事部屋にてドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記の執筆中に
鉛筆を持ったまま意識を亡くし、その三日後に死去となっています。

本当に人生を漫画にささげた人でもありますよね。

多くの人に愛されるドラえもんはいまだに映画もやりますし
アニメも放送されています。なんとなくですが、よほどのことが日本で起きない限り
ドラえもんて放送され続けそうですよね。

それだけ私たち日本人にとって身近な存在のドラえもんは、マジで不滅だと思います。

ちょっと豆知識☆藤子不二雄A

もともと藤子・F・不二雄(藤本)とコンビを組んで作品を発表していました。
ただ方向性としては藤子・F・不二雄が児童向けなら藤子不二雄Aは大人向け。
1987年にコンビを解消したが、不仲というわけではなく
1986年に藤本の胃癌がキッカケで体調の問題があり、コンビを解消するに至っています。

その後も交友関係は続いていたというのだから、やはり仲が良いのは確かです。

代表作として笑ゥせえるすまんや、プロゴルファー猿、忍者ハットリくん、怪物くんなどがあります。

3月10日には85歳の誕生日を迎えツイッターなどでもお祝いの声があがっていました。

最近だと重版出来!のドラマの作中に登場する漫画家の漫画の作画を担当していました。
そんなところに大物の作画があったとは!驚きです。

 

長谷川町子

いわずもがな誰もが知ってる「サザエさん」の作者。
1947年に夕刊フクニチにて連載を開始、1960年に体調不良により漫画家廃業を宣言したが
約半年後には連載を開始。1974年に休載し、それ以降再開はなかった。
しかし1978年にサザエさんうちあけ話を連載したが、それ以外はエッセイ風の漫画をときおり発表するのみで
1987年のサザエさん旅あるきが最後の作品となり、1992年に死去となった。

休んでいた時期はあるにせよ、漫画家として40年ほど歩んできたその道は
今もなおなくなることなく、毎週日曜日の顔として健在しているのだからすごいと思う。

ちなみに今はサイコパス堀川くんが熱いと思う。

漫画家の知名度を現時点で調べてみた

知名度.netにて漫画家の知名度を調べたところ、以下の結果となりました。

1位・手塚治虫(鉄腕アトム、ジャングル大帝レオなど)

2位・水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎など)

3位・鳥山明(ドラゴンボールなど)

4位・赤塚不二雄(おそ松くん、天才バカボンなど)

5位・石ノ森章太郎(サイボーグ009、仮面ライダーなど)

6位・荒木飛呂彦(ジョジョの奇妙な冒険シリーズ)

7位・富樫義博(レベルE、幽遊白書、ハンター×ハンターなど)

8位・松本零士(銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマトなど)

9位・やなせたかし(アンパンマン)

10位・小林よしのり(おぼっちゃまくんなど)

11位・尾田栄一郎(ONE PEICE)

12位・藤子・F・不二雄(ドラえもん、キテレツ大百科など)

13位・高橋留美子(犬夜叉、うる星やつら、らんま1/2など)

14位・藤子不二雄(笑ゥせぇるすまん、忍者ハットリくんなど)

15位・さくらももこ(コジコジ、ちびまるこちゃん)

16位・浦沢直樹(YAWARA!、20世紀少年など)

17位・みうらじゅん(アイデン&ティティやその他イラストなど)

18位・長谷川町子(サザエさん、いじわるばぁさん)

19位・江川達也(まじかる☆タルるーとくん、東京大学物語など)

20位・井上雄彦(SLAM DUNK、バガボンドなど)

だいたいみなさん「あ、それ知ってる~」ってなると思いますね!

今アニメとして放送されているサザエさん、ちびまるこちゃん、ドラえもん、アンパンマン、ゲゲゲの鬼太郎に関しては
すでに原作者が死去されているのですが、それでもなお
愛され放送され続けているのをみると、本当に偉大な漫画家さんの多いことに驚かされます。

アンパンマンなんて絶対幼児が通る道ですよね。

うちの幼児3人ともアンパンマン好きですし、きっとこれからもアンパンマンはずっとずっとずっと
幼児の心をわしづかみにしながら放送され続けていくんだろうなと思います。

個人的に冨樫先生が7位なのは嬉しいです笑
あ、連載はストップしてますがね、気長に待ちましょう!ていうか奥さんに手伝ってもらえば・・・?

[広告!]
10年悩んだニキビが14日で消滅!皮膚科「レーザー治療無くなるね
毎日5秒〇〇するだけでツルツル肌が手に入る最先端スキンケアとは?

これから注目の漫画家やオススメしたい漫画家は?

漫画も電子書籍で見る人も多いのですが、私は紙が好きだな・・・もちろん読むけど、どっちも。

今回は!私の独断と偏見にておすすめしたい漫画家を紹介する!バアアアン!

◆ランウェイで笑って:猪ノ谷言葉

2017年からの連載ですが、私も毎週マガジンで読んでおりますし
単行本も発売日に買ってます~!!!!

ファッション界をテーマにした漫画って、そんなに多くないですよね。
パッと思い出せませんし(あるかもしれないけど)

実際デザイナーやパタンナーという言葉を聞いても「漠然と」しかわからなかったけど
それがこの漫画を読んでいるととても分かりやすいし、かといって説明っぽさもなく
テンポよく読めるうえに話も面白い!

今後主役2人がどんな風に大成していくのかが楽しみで
何目線かわからないけどとにかくあたたかい目で見てしまう漫画。

キャラもそれぞれ自立していて面白く、それぞれの人生がたとえサブキャラでも感じられて
一人一人を丁寧に、そして愛でて描いているんだろうなと思えるから更に好き

やはり注目度も高いので、なんか面白い漫画ないかなって考えている人は是非!

◆アクタージュ:原作 マツキタツヤ・漫画 宇佐崎しろ

2018年より週間ジャンプで連載されている俳優を舞台にした物語ですが
これもなかなか面白い!

「何かに没頭する」というのはやっぱり見ていて面白いし
ちょっと羨ましさみたいなものがある。
天性の才能にはかなわない部分というものも、やっぱり人はどこかで憧れたり
自分にもそういう可能性があるかもしれないと夢を見れるというのもまたいいんですよね~

主人公が女の子というのもジャンプでは結構珍しいのでは?

◆おとりよせ王子 飯田好実:高瀬志帆

月刊コミックゼノンにて2011年から2016年に連載された漫画ですが
今WEBで見られている事も多く、私も実はWEB漫画で知ったクチです・・・

料理系漫画っていうと、美味しんぼとか色々ありますが
あんまり多くはないですよね。トリコとかもあったけど、あれはアドベンチャー部分が多いですし
焼きたて!ジャパンに関しては、最後どうした?!って感じですし・・・

生活感があって、実際に存在しているおとりよせ飯を取り扱っていて
話に無理がないのが読んでいて心地がいい。

他にも「この育児がすごい!」「ごぶさた日記」「共働き家族のドタバタ中学受験物語」など
私たちの日常を感じられるところがまたいいんですよね~

現在は週刊ビッグコミックスピリッツにて「二月の勝者」を連載中。
中学受験塾が舞台となり、これまた私くらいの年代にはやはり気になるテーマでもあります。

NHKでのおはよう日本の中でも取り上げられるなど、やはり注目度は高いです!

◆鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン!:鴻池剛

pixivコミックで人気高いこちらの作品。ツイッターでもフォローしていまあああす!

面白いです。
私も猫飼っているので「あるある」とも思うし、それに振り回される飼い主がとてもいい感じで不憫。
あ、いえ、面白い。

サッと読める気楽さと、ククク・・・と笑ってしまえる楽しさが
なんとなく心をほっとさせてくれる作品で、夜中ひとりで笑って旦那に「どうしたの・・・?」
と言われたこともあります。勿論見せたら笑ってましたけども!

自虐ネタも多いようには感じますが、それもまた面白いんですよね。

これからもぽんたを描きつづけてほしいです。

◆高嶺と花:師走ゆき

4月期の深夜帯にドラマ化された高嶺と花ですが、現在も花とゆめで連載中!
軽快なテンポで進む面白さと、主人公2人がツンデレすぎてみていてちょっとニヤッとしてしまいます。

恋愛モノ・・・?なのか?という感じはあるけれど、
恋愛モノというよりはコメディ色が強いですかね。

ドラマはよくあんなに似合う配役を探し当てたな~!とビックリ。

ルチアーノさんと花役の子は、俺のスカートどこいった?!でも出演されていたので
おおっとこんなところに!とビックリでしたが
2人もこれから活躍していきそう~

2人のゴールを見るのを母目線で楽しみつつ読んでいます。
そう思える漫画ってちょっと貴重になってる気がしますね。

なんていうのかな~・・・構える事もなくひたすらその中の2人の歴史を見つめている・・・

という、安心して読める漫画です。

◆死役所:あずみきし

月刊コミック@バンチで2013年より連載されているものですが
なかなかこれが内容が深い。

死んでからの世界、自分が生きてきた世界
そこにあるしがらみ、恨み、気がかり、そして真実。

色々な事で人生は悩むことが多いですが、死んでしまえばそこで終わり、とはいえ
もし死後の世界があったとしたら?
そこで生きていた時に思っていたことが真実でなかったら?

それぞれのキャラクターにストーリーもあり、読み終わったあとに
なんとも言えない気もちになったりするのは、それだけ「何かを投げかけてくる」からなのでしょう。

めちゃコミなどでも読むことができますが、単行本で大人買いもオススメ!
人間の本質を考えられる漫画なので、ちょっとしんどい人にはしんどいかもしれないけれど
個人的にこういった漫画は心惹かれて好きです!

生きる事とは?死ぬこととは?そんな事を考える事がある人には一度読んでもらいたいかな。

ツイートの浅越ゴエさんで実写化私もやってほし~!

自分の好きな漫画を探してほしい

独断と偏見でオススメも紹介しましたが
やっぱり好みってそれぞれですからね!私が紹介したものでも
「あんまりピンとこない」人もいれば「ドハマリした!」という人もいるでしょう。

しかし漫画はやっぱり面白い!
タメになるものから心休まるものまで様々です。

名作はこれからもずっと名作であり続けるでしょうし
愛される作品はずっと愛されていきますよね。

沢山ある漫画の中から「自分はこれが好きだ」というものを見つけられると嬉しいもの。
それが大衆にとって名作でなくても、自分にとって名作ならそれでいい!
他の人に面白くないと言われても、自分がオモシロかったらそれでいいんですよ。

本屋さんにいってみると、いっぱい漫画があって
「これどんな話かな」「絵柄が好きだな」「タイトル聞いたことあるな」とか
色々楽しいですよ~

もちろん忙しくてなかなか行けない人はネットで見るのもアリですよね!

夏にむけて夜寝苦しい日は是非漫画読んでみては?あ、ますます寝れないか笑

というわけで今回はここまで!

[広告]
デブの原因デブ菌を撃退!
シンバイオティクスが凄い!
※テレビで紹介されてから『爆発的人気商品』

-アニメ, マンガ
-, , , ,

Copyright© なるへそのゴマ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。