話題・ニュース

学校行きたくない。芸能人からのメッセージと、親へ伝えたい子供のホンネ

投稿日:

夏休みが終わる時の気持ち、私にもわかります。
あ~行きたくないな~面倒くさいな~宿題、終わってないな~・・・などなど

そしてこの時期、やはり新学期が始まる時に学生の自殺も増加している問題がいつも挙げられます。

本日(8月27日)放送のノンストップでは、春名風花さんが出演して
不登校で悩む子供たちへのメッセージを送っています。
ツイッターでも話題になっていましたね。

芸能人の方の多くも、そういった悩みを持つ子に対しての気持ちがあります。
今現在、学校へ行かなければならないことに対して苦しい気持ちを持っている子はぜひ
最後まで読んでほしいし、子供を持つお母さんお父さんは
「んな事言ってないで学校いってこい!」なんて思わず、行きたくないというのであれば
その気持ちに最後まで向き合ってもらえないでしょうか。

そこで今回は、芸能人の方々の発言と、そして私の体験からお伝えしたい事を書いていこうと思います。

[広告]
【with、oggiモデルもやってる新・脱毛法】脱毛サロンもお手上げ!芸能人がこっそりやってる『家でたった5分』の永久脱毛法がスゴイとSNSで大評判!!

芸能人・著名人が語る「不登校」について

はるかぜちゃんこと春名風花さんはツイッターでもかなり様々な議論をしています。
その中でもこの不登校については、たくさんの意見が寄せられていました。

意見は様々な方面から。いじめられる側を擁護している、いじめる側を排除すればいいのか?
など、意見は色々とあります。
今の教育現場の難しさも垣間見えてきますね。

芸能人でいえば、星野源さんも不登校時代があったそうです。
当時はいわゆる「コミュ障」で、三か月ほどいけなかったのだそう。
ただその間、心をきちんと休めていたのでしょう。
そして久しぶりの登校で、バンドに誘われて人生の大きな道を開いていったのです。

ただこの3か月は短いからどうの、という意見もあるのですが
短くても長くても本人が悩んで苦しんだ3か月間、他人がどうこう言う話じゃないですね。

ロンブーの淳さんもツイートをしています

おそらく明日以降も様々な方が「不登校」や「学校」について
考えを書いていくと思いますが、そういった内容も知っていて欲しい気持ちと
それ以上に「行きたくない子供たち」の気持ちを、知ってください。

学校に行きたくない。死にたい。そんな心の声があふれている。

中にはもしかしたら「死にたい」はある意味ライトに使ってしまう事もあるとは思います。
私の世代も「え、マジ死にたい」とか言う世代です。が!

その言葉を使ってしまうほど、何か追い詰められている場合もやはりあります。

言葉の裏に隠されている気持ちというのはあるでしょう。
ツイッターで不特定多数で、更に自分が誰だか知らない人になら
なんとなく気軽に愚痴をいえる。その気持ちも凄くわかります。
だからこそ、もしかしたらその数行はなによりも本音かもしれない。

死にたい、は大げさだったかも、という子はいても「行きたくない」気持ちは本当だったりする。

もしかしたらつぶやかないけど「これだけ同じこと思っている人がいる」と励まされている子や
「行かなくていいよ」と言う投稿をみて「そうだ、逃げる勇気を持とう」と思っている子もいるかもしれない。

親になるといつかもしかしたら、この「学校行きたくない」「死にたい」気持ちを
子供から打ち明けられたり感じ取ることがあるかもしれない。
そんな時、親やその周りはどうしたらいいのでしょうか。

[広告!]
10年悩んだニキビが14日で消滅!皮膚科「レーザー治療無くなるね
毎日5秒〇〇するだけでツルツル肌が手に入る最先端スキンケアとは?

親に知ってほしい。いじめられると「発信」する気力すら奪われる

私、実は小学生と高校生の時にいじめにあいました。
小学生の頃はそれでも頑張っていました。

姉も大変な時期だったので、姉の事を考えると、私一人が逃げるワケには行かない、と思ったんです。
小学生なので、純粋に必死でした。
いじめは確かにつらかったのですが、男子はいじめに加担はしていなかったので
そこだけは救いだったなと思います。
それでも無視・仲間外れ・ゴミを入れられる・悪口などは
小学生ながらに心に黒い影を落としていったのは覚えています。

あの頃の感覚が私にはまだあって、家にいてもどこにいても
私の居場所がないような、そんな感覚がずっと思い出されます。

親には言えませんでした。

私の父は当時は「戦え!」派だったので、きっと言ったら怒られると思ったんです。
そんな奴らは戦って負かしてしまえ!というタイプなので
私みたいに黙っているのは許せないだろう、と子供ながらに分かっていました。

じゃあ母にいえば、父に伝わる。
だから言えなかった。学校楽しかった?と私の異変に気付いて聞いてくる母に
「普通」としか応えられませんでした。

だけど、知っていても、私に対して何もしてくれた記憶はないです。

いじめが落ち着いた頃、実はね・・・と言った時「あなたも悪かったんじゃないの」と言われたため
私はそれ以降、絶対親には学校の事は言わない、と思ってしまいました。

そして時代が流れ高校生。
このころ、携帯が普及し始めて写メなどが流行った時期です。

色々な行き違いなどからいじめが発生したのですが
全員から、というわけではありませんでした。

ある程度大きなグループの女子が、悪口や無視、笑う、などと言った感じです。
とはいえ、別のグループの子は特にそういう事はなく、ニュートラルな感じでした。

ですが、私自身、そのニュートラルなグループの女子たちと
仲良くしたところで、別の子が入ってきてわざとそこでいじわるをしてくるなどもあって
特段仲良くしていた子がそのニュートラルなグループにいたわけでもなかったため
結局一人になりました

お弁当を広げれば中身を笑われる、いつもと違う何かを着たり持っていれば気持ち悪いと言われる

そのうち私は、お弁当を食べることさえ怖くなり、食べなくなり
昼休みは誰もいない教室までいき、ぼんやり過ごすだけになりました。

それでも親には言えなかった。
言えなかったけど、ついに心が壊れてしまった。

壊れて暴れて、学校は辞めたい!と叫びました。
だけど理解はされなかった。
辞めて大検とる!といったけど「そんなのは悪魔の惑わしだ」と悪魔呼ばわりもされました。

学校を辞めることが悪魔?!なんだこいつら!と思いましたが
全く理解されず、すでに結婚して家からいなかった姉だけが、私を静かに守ってくれる存在でした。

ただ家では、夜中でも部屋に親が入ってきて
「辞めるとはどういうことだ!!!」と大説教が始まり
何も言えない私をなじり「言え!!!」と怒鳴られたり色々ありました。

ただ「言わない」んじゃなくて「言えない」んです。
これはたぶん、体験した人なら分かる感覚だと思います。
喉が封じられて、言葉がもう、出ないんです・・・

もう学校も、家も、どこも私を「生きているだけでいいよ」とは言ってくれない。

しにたい
しねたら、どんなに楽か。

こんな世の中に生きていたって、ただただ消耗していくだけ・・・

何を信じても、何を頼っても、本当の救いなんてないじゃないか・・・

そう思って、私は夜遅くに家を出て、遠くへ行こうと思ったんです。
家から歩いて大きな通りに出る時、もう一人の姉(私姉が2人います)が車で帰ってきたところでした。
そこで「何しているの」と保護され連れ戻されたのですが
そこでもやっぱり怒られましたよね笑

それが私の高校時代です。

結果、2年の終りまで行き単位を取り、中退してから大検を無事にとりました。

あの時の私に会えたらなんて言ってあげたいか。

「頑張る事もうないんじゃない。
親と学校がすべてじゃないよ。選択肢は沢山もってていいよ」

って言ってあげたいかな。

あの時のわたしは「辞める」選択肢しかなかったけど
30過ぎての今、就職活動をするときなどに思ったのは学歴のないことの大変さはありましたね・・・
なくても出来るけど、どうせなら様々な資格を若いうちにとればよかったな~!でした

大検をとったあとは、受験もしましたが落ちて、その後はずっとバイトをしていました。

じゃあその時は乗り越えた後か?というと、実は違います。
未だに私はいじめの影におびえるし、人とかかわることが不安にもなるし
辛いことがあっても、素直に人に言えません。

ほんとうにいじめの体験から「私つらいな」のメッセージを発する気力と勇気が根こそぎ奪われた感じです。

きっと「言っても理解してもらえない」「言っても怒られる」「言っても否定される」
「言ってもああすればこうすれば、お前が悪いっていわれる」と
いつまでもいつまでも、その暗い記憶に縛られていることに気付きます。

もう、違うって!と言いたいけど、それは想像以上に強く、私の人生を不自由にしたと思います。

親に言いたい。生きているだけでいいって、言われたい。

私が親になって、3人の子供たちを育てている中で
もし子供が同じようにいじめられたら、学校行きたくないって言ったら・・・

「行かないでいいよ」って言ってあげたい。

逆にもし、誰かをいじめて不登校にしたらブン殴っちゃってるかもしれない。

確かに、人は合う合わないがある、嫌だなこいつ、って悪口言いたくなることもある。
周りに流されてしまうことだってある。

だけど追い詰められて学校に来れなくなって、そんな子を更にいじめる必要性ってなに?

学校は様々な人がいるから、どうしようもないことくらい私だってわかります。
だけど家だけは、家は、親は、無条件に子供が生きている事を肯定してほしい。

「なんでいじめられていることを言わなかったの?!」とか
「やり返せよ!」って言いたくなる気持ちも分からなくない。

でも、そうじゃなくて

「つらかったよね」
って、ただ抱きしめてもらえれば、まだ生きていく力が、希望が生まれるかもしれないのに
それさえ潰して生きる力を奪わないで欲しい。

私はその後、様々な人に出会う機会があって、そして結婚して子供ができたから
ある程度救われたなって思うし、旦那はイラついたり喧嘩することもあるけど
「私の居場所」になってくれたから大分癒されたんじゃないかなって思うけれども

実際思い返してコレを書いている中で涙は出るし、笑
完全に癒えるにはまだ時間がかかるなと実感します。もう13年くらい前のことですよ?

たった1年のいじめの期間が、その後13年たっても傷がいえないって
全治何年なんでしょう?

いじめる側はたぶんもう忘れています。
それはもういいです、そこまで深刻な傷をつけただなんて、誰も思っていないだろうし。
人間調子乗ると、そういう無神経なことしちゃう生き物だから
お互い様だから、もう、それはいいんですけどね。

私が結局一番傷ついちゃった理由は「親の対応」だったと思うんです。
親だからこそ、というトコロがよけいに傷を深めてしまったのだと思う。

だから子供へ届け!という事も大事ですが
私は「親に聞いてほしい」です。

アナタの対応が、今後の子供の人生をどう立ち上がらせるか、になる。

ここまで書くと、うちの親が極悪に見えますが
実は中退した日、母が「あなたは心の風邪なのね。いつか、元気になるから」と
そう言ってくれた時、なんだか少し「許された」気がしたんです。

父は相変わらずだったけど、母は母なりに、必死に私を理解しようとしてくれたと思う。
だからまだ生きていけたと、今はそう考えています。

まとめ

学校のことってなかなか親には言いませんよね。
色々話してくれる子もいると思うけど、多くはないかな?

もし子供が帰ってきて、なにか元気がなさそうだったりしたら
責めずに包みこんであげてほしい。

そういうキャラじゃない、って思う人もいるだろうけど
赤ちゃんの時は抱っこしてあやしてあげてきたわけだからできます。

(ああこの新生児って可愛いですよね。みんな赤ちゃんだったんだよなぁ)

親もつらいと思いますが、人生はまだ続く。人生は広い。それを教えてあげられるのも親。

今年、どうか子供の自殺が減りますように。なくなりますように。

そう祈りつつ、この記事を閉じたいと思います。長くなりましたが読んでくださりありがとうございました。

◆余談

漫画・3月のライオン、いじめの話が出てきます
この時の数話は私の中でめちゃくちゃ神回で
ボロ泣きしながら読みました。よかったら読んでみてください。

[広告]
デブの原因デブ菌を撃退!
シンバイオティクスが凄い!
※テレビで紹介されてから『爆発的人気商品』

-話題・ニュース
-, , ,

Copyright© なるへそのゴマ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。