カリウス(リバプール)のCL決勝での凡ミス動画を検証!海外の反応も

おはようございます。なるへそです。

サッカーのチャンピオンズリーグ決勝が

今朝(2018/5/27)未明に行われました。

 

結果は、レアルマドリードの3連覇と

なりましたが、

戦犯として話題になっているのが、

リバプールのゴールキーパーである

カリウス選手の凡ミス連発です。

 

かなりな批判と、

かなりな励ましが

入り混じっていますが、

どのようなミスだったのでしょうか。

 

動画で観たいです!

スポンサーリンク


カリウス(リバプール)のCL決勝での凡ミス動画を検証!

チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で

やらかしてしまったカリウス選手。

 

試合後は号泣するカリウス選手。

 

その姿に、ブーイングではなく、

拍手で応じるリバプールサポーター。

 

これはもらい泣き必須です( ;∀;)

 

起こってしまった事は

仕方ないとしても、

実際にどのようなミスだったのかは

見ておかないと、いけませんよね。

 

という事で、検証してみましょう。

 

1点目のプレーがこちらです。

あっ!

これは・・・

 

そして、レアルの3点目。

いいんです!って、

良くないだろ!!笑

 

この映像を見ると、

確かにこの試合での2つのミスは

最高の舞台にしては、

やらかしてしまっていますね。

 

むしろ批判されるべきプレーだと思います。

 

リバプールサポーターは

この試合だけでなく

これまでのカリウス選手の功績に対して

拍手で応えたのでしょう。

スポンサーリンク

海外の反応は?

海外メディアはもっとシビアです。

 

 

少々引用します。

リバプールの地元紙『Liverpool Echo』
「世紀の大失態。リバプール・ファンの呼吸を止めるのに十分な酷さだ」

英紙『Mirror』
「インクレディブルとしか言いようがなく、
滑稽と表現してもいいだろう。
ユルゲン・クロップ(監督)はこの夏のチーム補強で、
トッププライオリティーをどのポジションに置くべきかが分かったはずだ」

ドイツの全国紙『Welt』
「キエフの夜に突然の大停電。
どうしてあんなプレーが起こったのか。
ワールドクラスが集ったゲームでひとりだけ、
一定水準を満たしていなかった」

フランスのサッカー専門誌『France Football』
「一瞬、目撃した誰もが自分の目を疑った。
あれほどの緊迫したゲームでなぜあんな“事件”が起きたのか。
素晴らしい攻防戦に水をさしてしまった」

スペインの全国紙『Marca』
「ベンゼマの執念が結実し、プレゼントをゲットした。
カリウスは悔やんでも悔やみ切れないだろう」

引用元リンク

 

今回のプレーがゲームを壊して

しまったのは事実であって、

これらの批判は当然のものでしょう。

 

流れ弾的に批判を受けているのが、

小柳ルミ子さん。

 

副音声の解説に登場し、

カリウス選手を批判したらしいのですが・・・

 

サッカー愛が強いのは

小柳ルミ子さんも同様だと思いますが、

なかなか相容れないものみたいです。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و