重ねるハザードマップの見方と操作方法を解説!スマホでも見られる?

こんにちは。なるへそです。

2018年は例年にも増して
自然災害が多くなっている気がします。

先日も西日本豪雨で、被災者が発生したり、
台風12号では、奈良県で
記録的短時間大雨という耳慣れない
言葉が出てきたりしています。

私も、
今まではのほほんとしていましたが、
ここまで頻繁だと、
明日は我が身のような気分にも
なってきますよ。

そんな折、国土交通省が公開している
重ねるハザードマップがメチャ有能だ
という噂をキャッチしました!

これは一度は確認しておく必要があると
感じましたので、
見方と操作方法を調べてみました。

スマホでも見られるのかも
調査しましたよ。

スポンサーリンク


重ねるハザードマップの見方と操作方法を解説!スマホでも見られる?

重ねるハザードマップが
非常にイケてるらしいのです。

私も最近は防災用品を見直したり、
備蓄の食料を買い直したりと
意識は高まっていましたが、
このサイトの存在は知りませんでした。

まずはやってみよう!という事で、
早速チェックしてみました!

ゴマさん
あなたもレッツトライ!

重ねるハザードマップのサイトはこちら

スマホの画面で解説していきますよ。

操作1
まずは上のボックスに
自宅の住所を入れてみましょう。
住所を入力して虫眼鏡をタップ。
検索結果からタップすればオッケーです。

手順2
見やすいように地図を調節してから
災害種別をタップします。
洪水をタップするとマップが切り替わります。

手順3
土砂災害をタップすると土砂マップに。

手順4
津波をタップするとこの通り!

これで一通りハザードマップを
見ることが出来るようになりました。

スポンサーリンク

各種ボタンの説明も!

右上のボタンの説明をしていきます。

手順5
「危」ボタンは地図をタップすると
その場所の災害リスクが表示されます。

手順6
その下の目玉マークをタップすると
元の場所に戻ります。

手順7
定規のマークで2点間の距離を
測定できます。

手順8
鉛筆マークで図形やテキストを
記入する事が出来ます。

手順9
カバンのマークでは各種ツールが
表示されます。

手順10
下のタブをタップすると
位置情報や洪水浸水想定区域が
表示されます。

手順11
右上の三本線をタップすると
使い方、利用規約、ホームの
ボタンが表示されます。

これで一通りの操作を覚えました!

素晴らしいサイトなのですが、
若干使いにくい部分もあります。

・レスポンスがいまいち。
通信状態によっては動作が重いことがあるようです。

・画面が小さいと見づらい
スマホの小さい画面では、操作のウインドウが地図を覆ってしまい、見づらいかもしれません。

そのような部分もありますが、
重要な情報には変わりありません。

あらかじめ把握しておけば
いざという時安心ですね!

重ねるハザードマップのサイトはこちら

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و