オークラコレクション2018の待ち時間と混雑状況は?アクセス方法も

こんにちは、なるみです。

早くも9月も後半に突入しますね。

九州国立博物館で10月から開催される
オークラコレクションまで
あと少しとなりました。

そろそろ行く計画を立てたいと
思っている方も多数いそうなので、
待ち時間混雑状況
どんな感じになるか調べてみるとします。

それから、会場へのアクセス方法
確認もお忘れなく!
一緒に見ていきましょう~。

スポンサーリンク


オークラコレクション2018の待ち時間と混雑状況は?

明治150年記念特別展だなんて、
なんだかスゴそうですね~。

会 期:
平成30年10月2日(火)〜 12月9日(日)
休館日:
毎週月曜日
ただし10月8日(月・祝)は開館。10月9日(火)は休館
開館時間:
日曜日・火曜〜木曜日
9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
金曜日・土曜日【夜間開館】
9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
観覧料:
一 般 1,500円(1,300円)
高大生 1,000円(800円)
小中生 600円(400円)
【夜間割引料金】
一 般 1,300円
高大生 800円
小中生 400円
*夜間開館当日17時以降に当館券売所で販売。
夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に
入場することはできません。
会場:
九州国立博物館
住所:
福岡県太宰府市石坂4-7-2
電話:
050-5542-8600
(NTTハローダイヤル)

詳しくは公式ページをどうぞ

 

平成時代から近代までの
膨大なコレクションを一挙公開!
だなんて、
予想以上に贅沢な展示会になりそうです。

ゴマさん
何からみていいやら迷いそう~

開催前にも関わらず、
ばっちりチェックしてる人を発見!


ゆっくり見たいだなんて、
どんな作品なのでしょう。
気になります・・・

公式サイトに展示作品の情報が
ありましたので、
チラリと覗いてみようと思います。
(以下、引用させていただきます)

・普賢菩薩騎象像

王朝の美意識をしめす平安彫刻の最高峰!
普賢菩薩像の代表作であり、
優美な顔立ちや肩のラインなど、
平安時代後期12世紀、
和様の仏像彫刻の名作として知られる。

・洞窟の頼朝 前田青邨筆

源平の合戦、石橋山の合戦で平家に破れ、
洞窟に隠れて再起の機会をうかがう源頼朝。
頼朝のまわりを円環状に取り囲んで守る家来6人。
近代日本の歴史画の代表作であり、
制作の翌年に創設された
朝日賞の第1回に受賞作として選ばれた。

・夜桜 横山大観筆

横山大観は、「ローマ日本美術展」
出品画家80名の代表だった。
その大観が、日本画の面目をか け、
この展覧会のために制作した意欲作。
横山大観の画業中、最重要作のひとつ。

展示物詳細も公式サイトでチェック!

ゴマさん
ひょえ~!
なかなかお目にかかれない品なんじゃ!!

ス、スゴイ!
3作品の情報を観ただけでも
今回のオークラコレクション
気合がうかがえます。

ここで、本題!
待ち時間混雑状況です。
こんなに素晴らしい作品が揃うので、
できればじっくり堪能したいのです。

まだ開催前なので詳しい状況はわかりませんが、
個人的には多少の混雑は当然レベルかなぁと。

というのも、やっぱり
展示内容が贅沢ですから!

国宝3件、重要文化財10件、
重要美術品16件を含む
約110件を公開!!
ですよ~。
注目度は高めの展示会といえますよね。

例えば、先ほどの作品
「夜桜」の横山大観といえば、
7月まで東京と京都で
生誕150年展が開催されました。

その時の状況をちょくちょく
ピックアップしますと・・・


開催地の違いはあれど、
横山大観の人気っぷりがわかりますね~。
ちなみに、これらの情報は
すべて平日のことですので、
休日はもっとです!!

ゴマさん
コレ、マジよ!!やばいんだから・・・

今回の展示会は横山大観ファンだけでなく
仏像ファンにもたまらないでしょうし、
なんせ展示内容が幅広いので
やっぱり多そうな気しかしませんね。

これまで見てきた展示会の状況としては、
人気の展示会は
・平日でも午前中が多い。
・休日はわりとずーっと多い。
・会期終了間近なんて、
近づくもんじゃないレベル。

私としては、
待ち時間や混雑が少なそうな
平日の午後1時から3時を
狙っていってみようかなと思います。

また、詳しい混雑状況は
開催後に追記させてもらいますね~。

とにかく、
展示スケジュールもしっかりチェックしつつ
会期の早めに行くのがよさそうです。

早速、計画をたてるとしましょ~。

————–10/15追記————–

開催されて2週間が経ちましたので、
この辺で実際の待ち時間と混雑状況を
チェックしましょう!

平日も休日も、
混雑しているという投稿はありませんでした。

ただ一つ言えることは・・・
前情報の通り、見ごたえある展示会
だということは間違いないです。

そしてこんな投稿もありました。

11/6~の展示後期が
混む可能性がありますね!

————–追記ここまで————–

スポンサーリンク

オークラコレクション2018のアクセス方法も

さてさて、あとは肝心な
アクセス方法ですね~。

まずは駐車場がありますので、
車でも行けます
ね!

九州自動車道だと・・・

太宰府IC または 筑紫野IC から
高雄交差点経由で約20分

それから、公共の交通機関も
充実してそう
ですよ。

西鉄を利用する
「西鉄福岡(天神)」駅から約35分
「西鉄福岡(天神)」駅から
西鉄天神大牟田線(特急約16分/急行約19分)で
「西鉄二日市」駅乗り換え、
西鉄太宰府線(約5分)で西鉄「太宰府」駅下車、
徒歩で約10分(*特急/急行料金不要)

大牟田方面からは、
西鉄天神大牟田線(天神方面行き)で
「西鉄二日市」駅乗り換え、
西鉄太宰府線(約5分)で
西鉄「太宰府」駅下車、
徒歩で約10分(*特急/急行料金不要)

JRを利用する
博多方面から
JR「博多」駅から約35〜50分
JR「博多」駅からJR鹿児島本線(快速約15分)で
JR「二日市」駅下車。「JR二日市駅からのアクセス方法」を参照。

熊本、佐賀、大分方面から
JR「二日市」駅下車。
JR二日市駅からのアクセス方法」を参照。

JR二日市駅からのアクセス方法
徒歩(約12分)または西鉄バス(約6分)で
「西鉄二日市」駅へ、
「西鉄二日市」駅から西鉄太宰府線利用。
西鉄「太宰府」駅下車、徒歩で約10分
タクシーで九州国立博物館まで約15分
西鉄バスで九州国立博物館まで約30分
(*1時間に1本運行)

詳しくは公式サイトをチェック!

ちなみに、
西鉄がオークラコレクションに合わせて
企画切符を発売してるようです!

ゴマさん
オークラコレクションのためなら!てやつね。

せっかくなので
ぜひとも利用したいですね~。

さて、
待ち時間と混雑状況、
そしてアクセス方法まで
チェックが終わったら、
あとは計画を立てて待つばかりですね。

”芸術の秋”を楽しみます~。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و