ムンク展2018(東京)の待ち時間と混雑状況は?グッズ情報も!

こんにちは、なるみです。

10月27日から上野で開催される
ムンク展 共鳴する魂の叫び
早くも話題になっているようです。

これだけ大規模なムンクの大回顧展は
滅多にないうえに、
SNSなどでも多く取り上げられているので、
これは混雑の予感しかしませんね。

待ち遠しくて気になるので
事前に待ち時間混雑状況
フライングリサーチへgo!

それから、
グッズのチェックも欠かせません。
早速、みていきましょう。

スポンサーリンク


ムンク展2018(東京)の待ち時間と混雑状況は?

大注目のムンク展
10月27日からいよいよ開催されます!

会期
2018年10月27日(火)〜2019年1月20日(日)
開館時間
9時30分〜17時30分
(金曜、11月1日(木)、11月3日(土・祝)は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)。
休館日
月曜日(ただし11/26、12/10、12/24、1/14は開室)、12/25(火)、1/15(火)。
12/31〜1/1
会場
東京都美術館 企画展示室 (東京・上野公園)
住所
東京都台東区上野公園8の36
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
ムンク展公式ホームページ
https://munch2018.jp/

 

10年ぶりのムンク展
というだけでも、
相当な混雑が予想されます。

ここでちょっとムンク情報を。

エドヴァルド・ムンクは、
西洋近代画家の巨匠であり、
ノルウェーの国民的画家でもあります。
ノルウェーで生まれ育ち、パリ留学、ドイツ滞在を経て、
作風も大きく変わっていきます。
世界的に「叫び」という作品で知られていますね。
ちょっと怖いかもと思ってしまう画風で
有名なムンクですが、
明るくのどかな風景画も描いています。

前回(2007年)のムンク展では「叫び」は
展示されなかったのですが、
今回はテンペラ・油彩画での待望の初来日です。
これだけでもたくさんの方が見たいと思いますよね。

これでは混むとしか思えない!
行きたい人間としては、
ただただ不安しかない。。。

どれくらいの待ち時間混雑状況なのか。
できれば事前に知って
心の準備をして臨みたいものです。

2007年10月開催のムンク展はというと・・・

10年前も混雑状態だったようで、
休日はすごかったようです。

ゴマさん
これは想像できる!
休日はできるだけ避けたいなー

しかーし!平日も多かったみたいです!
有名な画家さんですし、
特に芸術に関心のある方々に人気だから
でしょうか。

更にムンク展2018は
大回顧展だけに
もっともっと混雑することが
予想されます。

まずは展示内容が凄い!
展示点数は約100点となる予定!

約60点の油彩画に版画などを加えたもの
となるようですよ。
愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が
強烈に表現された作品の数々から、
ノルウェーの自然を描いた風景画、
晩年に描かれた明るい色の作品も展示されます。

その上2007年にはお目見えしなかった
「叫び」が今回、展示されます。

そして、
私なんかよりムンクに詳しそうな人たちが
今から気になって話題にしています。

ゴマさん
説得力あるコメントだ!

ムンクの世界観がギュッと詰まった大回顧展。
遠くノルウェーまで旅しなくても一度に見られる
この機会を逃したくないですね!

ムンク展2018(東京)のグッズ情報も!

展示会の楽しみの一つといえば、
グッズもかなり気になりますよね~。

まずは、公式サイトのグッズ情報を
覗いてみましたが・・・。
グッズの欄はあるものの、
内容はまだ記載されていませんでした。

でもまだまだ諦めませんよ!
開催に向けての準備の状況が投稿されている
公式ツイッターをみてみると・・・

すごい雰囲気のグッズがツイッターに!
これは館内でも販売があるのでしょうか・・・
今回の展示会のオリジナルキャラクター「さけび」くんもツイッターに登場していて、話題になっています。

まだまだ詳しいオリジナルグッズ情報は
これからも発表されるんじゃないでしょうか。

今回のムンク展を記念してこんなグッズも限定販売されているようですよ。

オリジナルグッズで何か情報がはいったら
追記しますね!
みんなでドキドキしながら
待つとしましょう~。

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و