標本づくりの技展(上野)の待ち時間と混雑状況は?口コミや評判まとめ

こんにちは、なるみです。

ただいま東京にて
「標本づくりの技展」
9月4日から開催されています。

ユニークな特別展だけに
混雑状況や待ち時間
が気になるのはもちろんのこと
口コミや評判

気になりますね。

スポンサーリンク


標本づくりの技展(上野)の待ち時間と混雑状況は?

9月4日から始まっている
「標本づくりの技展」(上野)

会期:2018年9月4日(火)~11月25日(日)

開館時間:午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、火曜日休館。ただし、10月1日(月)は開館)

会場:独立行政法人国立科学博物館

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

国立科学博物館ホームページ

「へんなものみっけ」という漫画を
ご存じですか。
今回は博物館の裏側を描いた人気漫画と
コラボした企画展です。実はこの漫画
の作者は元々国立科学博物館に
お勤めの経験があったそうです。
この漫画の舞台裏を実際にを感じられる
貴重な機会にもなるかも!

博物館のバックヤードを体験するみたいで
大人も子供もワクワクしますね。

面白い展示が色々ありそうで
待ち時間や混み具合
調べてみましょう!

興味をもっている方はかなりいるようで・・・

混雑状況に不安を感じている人も、、、

併設されている昆虫展にも標本は
つきもの。
昆虫標本に興味をもっている方は
どうやって作られているのかに
興味が湧きがち。
今回は両方同時に見られるので
どちらも混雑する可能性大!
なので、実際どうなっているのか
混雑状況を見てみましょう。

平日でも混雑しているみたいですねー。
休日ならなおさら混雑してるのではと
不安・・・

休日はかなりの混み具合なんですね。

行った方の口コミがかなり好評なので
興味をもつ人がどんどん増やそうですから、
気が付くとかなり人気となりそうな予感です。
待ち時間が1時間、2時間となること
もあるかも・・・
できれば早めに行きたいですね!

スポンサーリンク

口コミや評判まとめ

展示内容の口コミや評判については・・・

カツオブシムシって
タンスの中の衣類などを
食べてしまう害虫なので、
悪いイメージだったのですが
こんな世界ではカツオブシムシは
大事だったんですねー。

標本として長く研究できるように
適切に処置している様子が分かる
展示
なんですね。
興味津々。

東日本大震災で被災した博物館から
ツチクジラの剥製標本の修復をして
再び陸前高田に戻るのを待っている
んだそうです。今回展示されている
みたい。

博物館に一度は訪れたことがありますよね。
展示されているものってどうやって準備されて
いるんだろうと思ったことありませんか。

展示するまでには熟練の技によって標本
づくりがされているなんて知りませんでした。
こういう企画は珍しいので行ってみたいです!

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و