ヨシタケシンスケ(絵本作家)の妻や息子について!年齢や経歴も調べた

こんにちは、なるみです。

10/21放送の情熱大陸に
絵本作家のヨシタケシンスケさん
登場します。

私は普段絵本にはなじみがないので、
ヨシタケシンスケさんを
初めて知ったのですが、
”日本中の絵本好きの間で
一大ブームを巻き起こしている方”
らしいのです!

子供だけでなく、
大人にも大人気らしいんですよ!

そんな絵本を生み出す
ヨシタケシンスケさんについて、
すごく興味が湧きますよね。

ここではヨシタケシンスケさんの
プライベートについて
独自に調べてみました!

妻や息子さんについて、
それからヨシタケさんの
年齢や経歴もみていきますよ~。

スポンサーリンク


ヨシタケシンスケ(絵本作家)の妻や息子について!

日本一話題の絵本作家
ヨシタケシンスケさんって
どんな方なのでしょうか!?

まずはヨシタケシンスケさんの
プロフィールから見ていきましょう。

名前:よしたけ しんすけ
出身地:神奈川県茅ケ崎市
生年:1973年6月17日
身長:181cm
学歴:筑波大学大学院芸術研究総合造形コース
職業:絵本作家・イラストレーター

ヨシタケシンスケさんの絵本は、
子供だけでなく、大人にもとても
人気があることで知られています!

確かに!
みなさん大人でも楽しめるどころか、
大人がハマってしまうほどらしいです!

ヨシタケさんってどんな人なんでしょうね~。

ここからは気になるプライベートに
迫っていきます!

ヨシタケシンスケさんのご家族ですが、
妻と息子さんが2人いらっしゃるようです。
番組の予告で、車の前で一緒に映る
2人の少年がそうでないかと思います。

はっきりした年齢はわかりませんが、
見る限りどちらも小学生くらいでしょうか。

2017年の記事で、
ご自宅の2階が仕事場で、
子供だちが学校に行った静かな時間帯に作業する
という情報がありましたのでそうなんでしょう。

ヨシタケシンスケさんの作品の中には、
ご自身の育児経験を基に描かれた
イラストエッセー
「ヨチヨチ父 とまどう日々」という作品が
あるそうですよ。

その他の作品に関しても、
息子さんたちとの体験が生かされていそうですよね。

それから、ヨシタケさんの奥さんのことも
当然気になるのですが、
一般の方なので妻情報
残念ながら見つかりませんでした。

でもヨシタケ作品の大ファンなんだろうなぁと。
作品と息子さんやヨシタケさんのことを
重ね合わせて、微笑ましく見ていそうだと
勝手に想像しちゃうのです。

スポンサーリンク

ヨシタケシンスケ(絵本作家)の年齢や経歴も調べた

ところで、番組の予告で
「遅咲き作家」と紹介されたいますが、
ヨシタケシンスケって何歳なのでしょうか?

予告でのヨシタケさんを見た印象は
年齢不詳!と感じましたが・・・

ゴマさん
1973年生まれだってよ

6月生まれということなので、
今年で45歳ですね!
(2018年10月現在)

それでは経歴はどんな感じでしょうか?
箇条書きでまとめてみまとすね。

・筑波大学大学院芸術研究総合造形コースを修了

・半年程、サラリーマンとして働く

・昼間に広告美術やコマ撮りアニメの人形制作、
夜にイラストを描く(14年間)

スタートは絵本作家ではなかったんですね。
でも、描くことにはずーっと携わっていたようです。

ただ、イラストレーターだった30代は
泣かず飛ばずだったそうで、
改めて厳しい世界なんですよね~。

ゴマさん
それから~?

・40歳の時、絵本作家として初めての絵本
「りんごかもしれない」を出版する

なんと!
このデビュー作がいきなり大ヒットしちゃうのです。

「りんごかもしれない」では
第6回MOE絵本屋さん大賞で
第1位を受賞しました。

MOE絵本大賞って
全国の本屋さん3000人が選ぶ賞
なんだそうですよ。

その後も絶好調です!

・「りゆうがあります」第8回同賞1位

・「もうぬげない」第9回同賞1位

他にも受賞作は多数あるようです。

イラストレーターとして積み上げていたことが、
絵本作家として大きな活躍をする力に
なったんですね~。

30代の14年間がなかったら、
ヨシタケ作品もまた違ったかもしれないですよね。

続けることって大事だな~。
意味のない経験ってないんだな~。
としみじみ感じる私なのであります。

情熱大陸では8か月密着されたということで、
まだまだ知らないヨシタケさんの素顔が
明かされそうで、楽しみですね。

これからもヨシタケシンスケさんと
彼の作品から目が離せません!

私も作品を読んでみたくなっちゃいました~!

ヨシタケ作品に関してはこちらの関連記事がおススメです。
ヨシタケシンスケのグッズやスタンプ情報まとめ!おすすめ絵本一覧も

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و