越智直正(靴下屋)の妻や息子は?年収や名言も調べた!

こんにちは、なるみです。

11/12の激レアさんを連れてきたに
「靴下屋」で全国的に有名な
タビオ株式会社の
越智直正さんが登場します!

靴下屋って初めていったときに、
とってもワクワクしたのを
覚えています。

ただ靴下の種類を揃えただけでない
越智さんのこだわりがわかること
間違いなしの放送が楽しみで
仕方がありません。

ここでは、そんな越智さんの
息子について。

それから、やっぱり気になる年収に、
話題の名言まで調べちゃいますよ!

スポンサーリンク


越智直正(靴下屋)の妻や息子は?

11/12に登場する越智直正さん
すでにスゴイ人の予感がします。

https://twitter.com/geki_rare/status/1060851347107368960

靴下を噛んで品質がわかる
靴下の神様ですよ~!

ゴマさん
すごくない!?

すごい!というか、
衝撃の方が大きいかもしれません。
だって、靴下を噛むんですよ。
どういうことなんでしょう。

いろいろと気になりますが、
まずは越智直正さんの基本情報
見ていきましょう~。

名前:越智 直正(おち なおまさ)
生年:1939年
年齢:79歳(2018年11月現在)
出身地:愛媛県桑郡周布村(現西条市)
職業:タビオ株式会社 会長

越智さんはなんと!
11人兄弟の末っ子だったそうです。
現在ではなかなかいない大家族ですよね。

そんな越智さんですが、
中卒後、16歳で靴下問屋に丁稚(でっち)入りします。
丁稚とは「商家に年季奉公する幼少の者」。

なんでもいたずらっ子だったため、
高校には行かせてもらえなかったそうですよ。

その後、1968年に独立して、
タビオの前身「ダンソックス」を起業

途中、社名を「ダン」に変更し、
1982年には直営1号店を神戸に出店。

そして、1983年には
靴下屋FC1号店をオープン
しました!
初の靴下屋は福岡県久留米市なのです。

現在の社名になったのは、
わりと最近の2006年なんだとか。

今では靴下屋以外にも、
・Tabio
・chaussettes
・Tabio HOMME
・mightysoxer

など国内だけでなく、
イギリスやロンドンなど、
289店舗を展開しています。

こうみると中学校卒業後は、
靴下一筋の人生だったようですね。
タビオはメイドインジャパンに
ずーっとこだわり続けて、
品質も抜群なんですよ~。

最近、我が家の靴下といえば、
近所のしまむらとかで購入していますが、
久しぶりに靴下屋に
行きたくなってきました~。

さて、世界的な靴下専門店を
ゼロから作り上げた越智さん。
バリバリ働かれていたことが想像できますが、
プライベートはどんな感じなのでしょうか?

調べてみると、
越智さんは結婚されています。
とあるインタビューで、
忙しくって家族サービスなんて
してる暇はなかったと語っています。

越智さんの妻情報は、
一切出てきませんでしたが、
息子さん情報はありましたよ~。

分かっている限り、
越智さんには2人の息子さん
いらっしゃいます。

なにを隠そう、
2008年5月に長男の勝寛さんが
タビオの社長に就任しております。

勝寛さんは若いころは、
音楽の道を志していた時がありましたが、
越智さんの友人の化粧品会社で修行した後、
1997年に入社したそうです。

そして、もう一人の息子さん
康彦さんもタビオで取締役
されているそうです。

事業は長男が継ぐのが当たり前と
思っていたという越智さん。
好きなことに打ち込む勝寛さんの姿を見守りながら、
いずれは必ず戻ってきてくれると
信じていたそうですよ~。

越智さんの靴下愛は
息子さんによって繋がっていってるのですね。

息子さんも靴下噛むのかな?
という個人的な疑問は
今度こっそり調べてみるとします。

スポンサーリンク

年収や名言も調べた!

やっぱり気になるのが年収です。
調べても分からないんでしょうけど、
調べちゃうんですね~。

わたしには想像がつきませんので、
やっぱりグーグル先生に聞いてみます。

まずタビオの売上高は、
約167億円
なんだそうです。

ダメもとで、
靴下屋の平均年収を調べてみると、
468万円という金額が出てきました。

さらに、役職別推定年収
なんていうのも出てきまして・・・
部長クラスで865万円らしいです。

ゴマさん
会長にどんどん近づいてきたね~

越智さんは会長になった現在も、
店舗に足を運んだり、
商品開発に携わったりと
現役さながらに働いているそうです。

しかも、
奈良に豪邸があるという噂もありますよ!
豪邸だなんて聞いてしまったら、
わたしの単純な脳みそが、
年収億越え決定~!と申しております。

ここでは紹介しきれませんでしたが、
それくらい靴下に愛情を注いでますもん。
寝ても覚めても靴下!
越智さんの人生そのものが靴下なんです!
だから、これくらい当然なんだと思います。

最後に、そんな越智さんだからこその
名言たちを紹介したいと思います。
スゴイ人が発した説得力ある名言は、
心に響きますよね。

ゴマさん
それでは、どうぞ~。

・それぞれが自分の仕事に。プライドを持ってやっていかないと。
「儲けたらええ」という考えだけでは、やっぱりあかんでしょ。

・競争相手と自社を比べてみて、どちらが勝っているか。
もし負けているところがあるなら、まずそこを補填してからでなければ、戦ってはいけません。

・プロとしてお客様のために最善を尽くす。それが商人の仕事。

・志がなければ、どちらに向いて進めばいいかが分からなくなる。
志のない人間が一所懸命努力すると、かえって危ない方向に進んでしまうかもしれません。
志があれば、みずからの考え方や行動に統制がとれる。

・大将に求められるのは、謀(はかりごと)ができること、
嘘をつかないこと、仁愛に富むこと、そして厳格さ。

名言があればあるほど、
いろいろな経験をされてきたんでしょうね。
ますます尊敬します。
やる気スイッチが入ってきました。

そんな越智さんの著書みつけたので、
近々こちらもチェックしてみようと思います!

靴下バカ一代奇天烈経営者の人生訓をチェックする

スポンサーリンク




こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و